くしゃみ 止まらない 対処法

くしゃみの原因を治す対処法

スポンサーリンク

くしゃみが出る原因は鼻です。
鼻の穴(あな)は、空気を体の中にすいこむための入り口の役目をしています。
そのために、できるだけ空気が入りやすいような大きな穴が必要なのです。
しかし、空気の中には、ほこりやばい菌(ばいきん)など、いろいろなゴミがまじっています。

 

それをそのまますいこんでしまうと、病気の原因にもなります。
それで、空気をすいこむときには、ゴミをできるだけ少なくすることです。
まず、鼻の中にあるたくさんの鼻毛で、大きなゴミが入りこむのをふせいでいます。

 

また鼻の中の粘膜(ねんまく)も、大切な働きをしています。
ここをいつもしめらせておくことで、とても小さなゴミやほこりまでをすいとっているのです。
鼻毛と粘膜、このふたつのおかげで、かなりきれいな空気を体の中に送りこむことができます。
ところで、この小さなゴミが鼻の粘膜の中にある神経(しんけい)を刺激(しげき)することがあります。
刺激された神経は、粘膜についたゴミをふりおとして外に出そうとして、おもいきり息をはきだします。
これがくしゃみです。

スポンサーリンク

くしゃみを治す対処法は部屋を掃除することです。
アレルギーでなくても部屋がほこりっぽかったり、ペットの毛の始末が悪いと、出やすいです。
アレルギーでもないのに特定の場所に行くと、止まらないという場合は、そこを徹底的に掃除してみることです。
またものがごちゃごちゃとある部屋の場合はほこりも取れにくく、きれいにしたつもりでも見えない場所が汚いままというケースも多いです。
掃除をするなら整理整頓していくことです。
またごくまれにですが、カビが原因で、セキが止まらないことが人もいます。
そのような方はアレルギー検査でわかる場合が多いですから、部屋をきれいに掃除したのにくしゃみが治まらないという場合は、病院へすぐにいくことだとおもいます。
さらにペットの毛が部屋に落ちないように専用の服を着せるなどすればよりくしゃみを防げます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加