鼻 ムズムズ くしゃみ 風邪

くしゃみの概要と鼻がムズムズする風邪と花粉症の違いについて

スポンサーリンク

くしゃみはなぜ発生するのかというと、鼻や喉などに付いたほこりやウイルスなどの体にとって邪魔なものを強い咳などで体外に出すための反射的な反応だからです。
 原因としてははなに髪の毛などが触れる、冷たい空気を吸うなどや空気中の刺激物質を吸う、アレルギー反応などがあります。
 そして、風邪や花粉症などによるアレルギー性鼻炎の人の一般的な症状でもあります。
はながムズムズしてくしゃみが出るのは風邪かそれとも花粉症なのかわからない時があります。
 少しでも早く気付き、対策をするだけで症状の悪化を防ぐことが出来ます。
症状にどんな違いがあるのか、簡単な見分け方を見ていきます。
どちらの時も鼻水がよく出るため、ティッシュを手放せません。
 そんな時ちょっと汚いですが、ティッシュについたはな水の色と粘り具合を見てみましょう。
花粉症の場合はサラサラで無色の場合が多いですが、かぜだと黄色っぽく、とてもネバネバしています。
 また、かぜの時では、しばらくででないだろうという区切りが出来ますが、花粉症だとキリがありません。

スポンサーリンク

他にも、花粉症は目の粘膜に花粉がくっつく事で、目に炎症が起きます。
花粉を涙で落とそうと体が反応して涙が止まらなく、結果として目が充血する、目やまぶたがカブれるなどの症状のせいで腫れたりかゆみがします。
 それに対して、風邪だとはなにいるウィルスが目の粘膜に悪影響をもたらす事はありますが、花粉症ほど症状は現れないことがほとんどです。
 よって、目のかゆみが止まらない、常に涙が出ている時は花粉症を疑いましょう。
以上の記述はあくまで、花粉症の特徴を挙げているだけなので、必ず医師の判断を仰ぎましょう。
 病院の受付で風邪だけではなく花粉症の可能性を伝えていると、風邪の検査と花粉症の検査もしてくれるのできちんと伝えましょう。
 ちょっとでも花粉症かなと思う人は、少しでも早く病院に行き検査を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加