くしゃみ 臭い 病気

くしゃみの臭いと病気

スポンサーリンク

くしゃみをした際に臭いがキツイと感じるときがあります。
これにはきちんとした原因があります。
まずは口内の乾燥です。
乾燥によって唾液中の酵素やタンパク質が濃くなり、必然的に唾液が臭くなってしまうのです。
また、唾液の分泌の減少も考えられます。
これらの原因には加齢や緊張が挙げられます。
他の臭いの原因として蓄膿症も考えられます。
この病気によってくしゃみの臭さが引き出されている場合もあります。
あまりにキツく、また長い間続くようなら病院に一度検査に行ってみるべきです。
まずはくしゃみの臭いを調べる必要があります。
くしゃみを手の甲に向かってした後数秒おいてからその唾液をかぎましょう。
それが他の人が感じている臭いです。
それを基準にしてその後の対策を練っていきます。
具体的な対処法については次の段落で詳しく述べます。

スポンサーリンク

対策としてまず挙げられるのは水分補給です。
こまめな補給を心がけ、口内の乾燥を防ぎましょう。
喉が乾いてからではなく、平常時から少しずつ補給することでより潤った口内環境を維持することができます。
ただ、アルコールやカフェインを含むお酒やコーヒーは好ましくありません。
水による水分補給だけを実践してください。
また、舌の掃除のし過ぎが原因の場合もあります。
口臭の原因ともなる舌苔を取り除くことも確かに重要ですが、あまり取りすぎるとかえって舌苔が付着しやすくなってしまうのです。
磨きすぎの自覚がある方は、掃除はほどほどにし、水分補給を心がけるほうが懸命です。
また、先ほど述べたように蓄膿症が原因である場合もあります。
その場合は早めに病院を訪れ、医師のもと薬を服用するなどして治療を図りましょう。
これらを実践し、口内を清潔に保つことでくしゃみの臭いも抑えることができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加