くしゃみ 連続 原因

連続でくしゃみが出る原因と対処法

スポンサーリンク

連続でくしゃみが出る原因は主に以下の3つです。
1つ目は風邪です。
風邪をひくとウイルスが体に侵入しようとしてくるので、ウイルスを体の外に出すためにくしゃみがよく出るようになります。
2つ目はアレルギー反応です。
ホコリや花粉などのアレルゲンが体内に侵入するとアレルゲンに対抗するためにIgE抗体が作られます。
そして、IgE抗体が目や鼻の粘膜にある肥満細胞と結合すると、一定量以上のアレルゲンが体内に侵入した時に肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されるようになります。
この化学伝達物質は知覚神経を刺激するので、くしゃみが連続して出るようになります。
3つ目は温度差です。
詳しい理由はわかっていませんが、温かい所から急に寒い所に行って急激な温度差を感じると連続してくしゃみが出ることがあります。
これは病気ではないので温度に慣れれば自然に出なくなります。

スポンサーリンク

くしゃみをすると周りに飛沫が飛んでしまうので、連続して止まらないという時はマスクを着用してそれを防ぐことが大切です。
また、マスクを着用することでホコリや花粉などのアレルゲンが体内に侵入するのを防ぐことができます。
マスクを着用する時は鼻までしっかりと覆うことが大切です。
どうしても止まらない時は薬を飲むというのも有効な方法です。
特にアレルギー反応が原因の場合は、ヒスタミンを抑える効果のある薬を服用するのが効果的です。
迎香(げいこう)というツボを刺激することでも症状を抑えることができます。
迎香は鼻柱の左右のふくらみの脇にあり、鼻を両脇から挟むようにように静かに押すのがポイントです。
迎香は鼻水や鼻づまりなどにも効果があります。
また、鼻の下に人差し指と薬指を当てて強く押すと神経の伝達をストップすることができるので、症状を抑えることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加