くしゃみ 臭い 病院

くしゃみの臭いが気になる時には病院を受診するのも一つの方法です

スポンサーリンク

くしゃみが臭うという症状は、比較的よく見られるものです。
このような症状がある場合には、歯周病や口臭などが関わっていることが多いと言えます。
最近では、扁桃に溜まる膿柱という物質が、こういった症状に関わっているということが分かってきています。
膿柱は誰にでも出来るもので、通常は治療の必要がないものです。
臭いが強いようであれば、蓄膿症などの鼻の病気も考えられます。
蓄膿症は、鼻の中に膿が溜まってしまう病気です。
くしゃみによって臭いが広がるように感じる場合には、この膿がくしゃみをした際に一気に飛散すると考えられます。
こうなると、市販薬では中々治療が難しくなるため、耳鼻咽喉科のある病院などを訪れて医師に相談をすることになるのです。
原因が蓄膿症であれば、症状が落ち着くことで臭いは次第に薄れていくと考えられます。

スポンサーリンク

くしゃみの臭いは、特にマスクをした時などに強く感じることがあります。
自分の息を間近に感じることが出来るため、唾液の状態も把握出来るわけです。
唾液は、口の中の環境によっても左右されます。
水分が不足した状態の場合には、細菌が繁殖して口の中が臭うことがあるのです。
このような時にしたくしゃみやせきは、実際多少の悪臭を放つことがあります。
ですので、特に乾燥しやすい時期には口の中を乾燥させないということが大切になるのです。
また、まれに胃潰瘍などの胃の病気が関わっていることもあります。
この場合には、胃の痛みや胃の不快感などが生じることが多く、比較的症状の判断はつきやすいです。
こういった症状がある場合には、病院で検査を受けておくことが必要です。
臭いは多くの場合、体調を把握する一材料となります。
ですので、ちょっとした異変も軽く見ないことが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加