くしゃみ 腰痛 病院

くしゃみが原因で腰痛になり病院に行く

スポンサーリンク

くしゃみは、人間の何気ない行動です。
そして赤ちゃんから大人でも誰でも起こる現象です。
そして風邪の症状だけではなく、くしゃみをする事で、引き起こす病気があります。
それは腰痛です。
一度は聞いた事がある椎間板ヘルニアは椎間板の中にある髄核が飛び出た状態です。
そして腰痛を引き起こします。
くしゃみだけではなく、立ち上がったときの動作によって、咳により痛みがひどくなるケースがあります。
また脚のしびれは麻痺で椎間板ヘルニアになる事もあるので、要注意です。
急性の場合と慢性のケースもあるので、慢性にならないようにする事も大事です。
そして、痛みがでた時は早めに受診をする事です。
もしかしたら、動けないこともあるので、病院に向かう際に家族などに手伝ってもらう必要があります。
また動けない場合は少し痛みがおちついてから、少しずつ動いてもいいです。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアになりやすい原因は椎間板が加齢により変形します。
そして腰椎を支える筋肉が低下してい腰痛を引き起こします。
また、加齢によるものではなく、重いものを持ったり、野球のバットを振ったりするとひねった時に一部分に力が集中してしまい引き起こす事もあるので、要注意です。
もし、家族の方で、椎間板ヘルニアを経験した方や、腰痛もちの方がいれば、遺伝子的になりやすい体質かもしれないので、普段から気をつける必要があります。
治療方法としては、消炎鎮痛薬を処方されます。
そしてコルセットなどをまいて、ある期間は体を横にしておく事が大事です。
そして、もし症状がひどい場合は手術になる事もあります。
個人差があるので、多少違いがあります。
なので、気をつけて行動をすることを心がけることが大事です。
運動不足にならない程度で運動をする事も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加