くしゃみ 耳 痛い

くしゃみをすると耳が痛い

スポンサーリンク

風邪を引くと、咳やくしゃみだけではなく耳が痛くなる事があります。
これは、中耳に細菌やウイルスが入ってしまうため、炎症が起きてしまいます。
これを中耳炎といいます。
そして乳児や幼児は風邪を引きやすいです。
そして鼻にたまった鼻水を大人のように外に出すことができず、鼻水を吸ってしまいます。
結果、耳が痛いというようになり、病院に行って初めて中耳炎になったと気付くことが多いです。
子供が話しができればいいのですが、うまく言葉を話せず、何をしてもぐずっている場合ももしかしたら疑ってみるのも方法の一つです。
なので、病院で早めに受診するのがお勧めです。
そしてくしゃみや鼻水があればこまめに鼻水の吸い取り気で素ってあげるようにしてあげると症状を和らげる事ができます。
また鼻水のかみかたを少しずつ教えてあげるのもいいです。

スポンサーリンク

そしてもし痛みがでたら、早めに受診しておく事です。
もしかしたら、発熱になる時もあります。
逆に発熱を伴うことがない鼓膜の内側にうみが滲出液となって残してしまうこともあります。
この場合は特に子供に多い症状ですので要注意です。
放っておくと、次第に悪化して、最悪の場合は難聴になる事もあります。
手遅れになる前に早めに抗生剤を飲んだりする事で改善されるので、何かしら違和感があれば大人も子供も受診するといいです。
また症状によってはすぐに治らない場合もあります。
鼻水が残っていると長引く可能性があります。
長引かないためにも決められた服用をして、そして鼻水をかむことです。
決して鼻水をすってはいけないです。
もしうみがたまってどうしようもないというのであれば、鼓膜を少し切って、うみを取り除くことがありますので、先生と相談してみるのでもいいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加