くしゃみ 脇腹 痛い

くしゃみをした時に脇腹が痛いことについて

スポンサーリンク

くしゃみは病気の時に起こりやすいもので、体内のウイルスなどを外に出すために行われます。
ホコリが鼻や口に入った時にも起こることがあり、異物を体から出す時に発生しやすい症状です。
またこのくしゃみをした時に脇腹が痛くなることがあり、場合によっては重い症状になることもあります。
くしゃみをする時は上半身の筋肉の多くを使いますが、特に脇の部分の筋肉をよく使います。
そのため脇腹の筋肉を痛めることがあり、それが原因で痛い症状になるケースも存在します。
このような症状が出た時はしばらく安静にすれば痛みが引き、自然に良くなることが多いです。
しかしもし長期間痛みが続いたり非常に強く痛む時は、病院に行ってみてもらうべきです。
この症状は場合によっては肋骨に異常が起こることもあるので、気になる場合は検査を受けたほうがいいです。

スポンサーリンク

くしゃみをして脇腹が痛い時に、痛みが強い場合は医者に診てもらったほうがいいです。
この痛い症状は軽い場合はすぐ治りますが、重い場合は長期間治療が必要になります。
くしゃみをすると脇腹部分に強い負担がかかり、この部分にある筋肉が強く動きます。
その結果筋肉の痛みを発生させるのですが、何度もこのような症状を起こしていると別の問題が発生します。
それは筋肉の影響で肋骨がおかしくなることで、何度もこういうことを繰り返していると最悪骨折することになります。
ただ普通はそこまでおかしくなるケースは少なく、問題が起きたとしても肋骨にヒビが入る程度です。
小さなヒビが入った程度ならば短期間に自然治癒するので、大きな問題になることは多くないです。
ただどうなっているのかは調べてみないとわからないので、不安があるならば病院て診てもらうといいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加