くしゃみ 出ない 病気

くしゃみが出そうで出ない状態でも病気ではありません

スポンサーリンク

 くしゃみは、外来からの異物を排除するときに起こる一種の身体の防衛反応です。
これは咳や鼻水なども同じです。
風邪を引いたときなどには出やすいですが、こうしたときには安静にしておくことが第一といえます。
 しかし、くしゃみが出そうで出ないということも起こることもあります。
これはどうしてなのかですが、息を吸うことで鼻への刺激が和らいだり異物除去の必要性がないということが身体で判断した場合にくしゃみとなって出るまでには至らないということになる可能性もあります。
ですので、別にそれ自体が病気というわけではありませんのでその点では安心です。
 ただし放置しておくと人前の出したくないときで出てしまったりすることもありますので、そうした意味では日常生活において健康の面では問題はありませんが上手くコントロールしておいたほうが恥をかかずにすむともいえるでしょう。

スポンサーリンク

 そのくしゃみを上手く出す方法についてはいくつか考えられています。
 有力な方法としては、太陽の光のほうに顔を向けておいたりまたは蛍光灯の光源を見たりすることで出やすくなります。
その際には、鼻に風を送るように仕向けておくとより効果が上がりやすくなります。
 次にもしも鼻が出ているという場合には鼻毛を抜いておくと確実に出やすくなります。
少し恥ずかしいかもしれませんが、該当する場合にはやっておくことも一つの方法です。
 そのほか、鼻のむずむず感やひくひく感があるときに呼吸を意図的に早くしておくことも出やすくする効果的な方法です。
 こうすることで上手くコントロールしておくと、日常生活においてより生活しやすくなることがいえます。
 ただ、くしゃみのメカニズムは医療研究が進んだ現代においても解明されている部分とはっきりと解明されていない部分があり研究は日々続けられています。
 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加