ゃみ反射 原因 予防

光くしゃみ反射の原因と予防について

スポンサーリンク

光を浴びるとくしゃみが出る症状というものがあり、日本人のある程度の人がこの症状になっています。
この症状は個人差が大きく強い光でしか反応しない人から、弱い光で反応する人まで色々います。
何が原因で起こっているのかは厳密にはわかっていませんが、光に反応する目の動きが原因ではないかといわれています。
人間は光を浴びると目がまず反応しますけど、その時に目の反応の影響で鼻に刺激が現れることがあります。
そうすると鼻がむずむずしてきますから、そうするとくしゃみが発生します。
このような症状は遺伝によって起こることが多く、親戚にこの症状の人がいるとなりやすいです。
ではこの症状の予防ができるのかというと、光を防ぐ方法を工夫すれば対策は可能です。
ただ対策をするためにはまず自分がどのような症状なのかを、知っておかなければいけません。
そのため最初は病院に行って、詳しく検査をしてもらうことになります。

スポンサーリンク

太陽などの光に反応してくしゃみが出る病気を光くしゃみ反射といい、結構多くの人がこの症状になっています。
この症状では光を浴びると体の調子がおかしくなって、その影響でくしゃみが出ます。
光くしゃみ反射が起こる光の種類は多く、太陽の光から蛍光灯の光まで色々なものがあります。
そのためこの症状の対策をしたいときは、最初に病院にいって何が原因なのかを調べてもらいます。
病院には特別な検査装置があるので、そういうものを利用すれば何が原因で起こっているのかがわかります。
どんな光が原因で起こっているのかがわかれば対策がしやすくなりますし、予防も簡単にできるようになります。
また光くしゃみ反射を防ぎたいときは、できるだけ光を浴びないようにすることが大事です。
具体的な方法としては光を防ぐような服を着ることや、サングラスをすると効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加