くしゃみ 頭痛 後頭部

くしゃみによる頭痛や後頭部による痛み

スポンサーリンク

くしゃみをすると頭痛や後頭部に痛みが生じるケースが多くなっています。
頭痛も偏頭痛や脳梗塞などの予兆などもあるので、一度気になる場合は受診をするといいです。
くしゃみによるのは両性咳嗽性頭痛です。
この場合はくしゃみをして短時間で痛みがおさまるのであれば、受診の必要はありません。
他の特徴として、頭の両側面の痛みや、大笑いをしたり、いきんだりすると起こる場合もあります。
また40歳の男性の多く見られます。
しかし、他にも症状があったり何度も症状があった場合は一度専門の病院に行ってみることも大事です。
もしかしたら、硬膜下出血や脳腫瘍などが原因の可能性もあります。
特に、40代後半以降の方や、お年寄りの場合は要注意ですので、軽視するのではなく診てもらうことで病気を未然に防ぐ事もできますし、悪化するのを防いでくれます。

スポンサーリンク

くしゃみによる痛みの原因は、主に咳によって頭蓋骨内の圧力が高まります。
そして痛みを引き起こします。
くしゃみをすると血管が拡張しますので、それによって後頭部など頭蓋骨の中を圧迫されてひきおこします。
痛みは偏頭痛のような痛みです。
また血管の拡張と収縮が関係しているので、差が大きいほど痛みを引き起こします。
なので、普段から咳をださないようにしましょう。
風邪を予防したり、マスクをしておきます。
また、もし痛みが出たら、鎮痛薬などの痛み止めを処方してもらう方法もあります。
また病院の先生と相談して、頓服薬をいくつか出してもらうこともいいです。
そうする事で、心配や痛みを防ぐことができます。
もし続くようであれば、迷わず診てもらうことです。
もしかしたら、別の病気の可能性もあるので、自分の判断で決めるのではなく、脳外科で診てもらうのが一番です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加