くしゃみ 臭い 蓄膿症

くしゃみが臭い蓄膿症

スポンサーリンク

くしゃみをした時に、鼻の奥が臭いという現象が起こる蓄膿症という病気があります。
それは、副鼻腔炎という炎症が悪化してしまったものであり鼻の奥に膿みが溜まってしまうという状況になっています。
その時に出る症状は臭いだけではなく、鼻をかんだ時やくしゃみをした時などに頭痛などを感じることがあるものです。
そのために、治療方法としては抗生物質の服用や膿みを排出することができる薬を使うことが一般的です。
しかし、症状が進行している場合などにおいては鼻内内視鏡手術というものを行うものであり、内視鏡を使って膿みを排出するという方法が一般的に取られています。
内視鏡を使うことで、鼻の中の状況をより鮮明に見ることが出来る様になっている上に、蓄膿症の特有の症状でもある痛みや特有の臭いなどを解消することが出来る様になっています。

スポンサーリンク

また、蓄膿症は自然に治るものではなく長期的な治療を行うことが必要になっています。
そうすることによって、蓄膿症の合併症でもある頭蓋内合併症や副鼻腔気管支症候群と呼ばれている気管支系の病気を併発することもあるために、注意が必要です。
気管支系の病気を発症してしまうと、治癒することが難しくなる上に様々な症状が増えることや小さい子どもや、ぜんそくを持っている人であれば重大な症状に陥ることもあると言われています。
このことから、くしゃみをした時に臭いことや頭痛などが起こる蓄膿症になった時やその疑いがある時には、出来るだけ副鼻腔炎を悪化させないことが必要です。
また、副鼻腔炎は耳鼻咽喉科などが専門の診療科目となっているために、他の科目に行く時には専門の医師がいるかなどということを調べることが必要になっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加