くしゃみ 破水 尿漏れ

くしゃみをした時、破水か尿漏れかわからない時は病院へ連絡する

スポンサーリンク

くしゃみは風邪や花粉症、アレルギーなどから出ます。
妊娠中の中期から後期にかけて、くしゃみをしただけで尿漏れを経験する人が多いです。
そして、中年に差し掛かると年齢も関係してこのような症状を経験します。
咳をしたり鼻をかんだり重いものを持ち上げたりと、お腹に力が入ることで漏れてしまうことがあります。
特に妊娠中は子宮が大きくなるので膀胱が圧迫されます。
そして、尿道も下の方へ移動します。
お腹に少しでも力が入る事があると尿漏れをしてしまうのは、この体の変化が原因なのです。
妊娠や年齢によるものが原因の中で、気をつけなくてはならないのが妊娠中の破水です。
妊娠すると赤ちゃんは、子宮の中にいます。
この子宮の中には羊水が入っていて、赤ちゃんはこの羊水の中で大きくなります。
羊水は無菌性で、お産が始まるまで赤ちゃんを守り続けます。

スポンサーリンク

お腹が大きくなる中期以降は、くしゃみをしただけで多少の尿漏れをします。
尿であれば自然現象として全く問題はありません。
問題なのは、破水と間違えることがあることです。
破水は、子宮の中の羊水が外に出てきていることのしるしです。
突然、尿意を感じることなく無意識に出てくる事もあるため心配になる妊婦さんも多いです。
くしゃみをすることによる尿漏れなのか区別がつきにくいこともあります。
普通はお産が始まってから破水となるのですが、これも個人差があり逆になることがあります。
尿漏れは、自分で下腹部に力を入れることで止めることができ独特の臭いもします。
しかし、破水は自分で止めることはできず、動くことで出てきてしまいます。
出血も混じっていることもあるのでそれでハッキリとわかる人もいます。
突然起こることなので、迷わず病院へ連絡して指示に従うことが必要です。
病院へ連絡することで、一番安全な処置の方法も教えてくれ安心出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加