妊娠 初期 くしゃみ 腹痛 下腹部痛

妊娠初期から、くしゃみで腹痛や下腹部痛がある

スポンサーリンク

妊娠をすると様々な腹痛や下腹部痛を経験する人が多いです。
生理時のような痛みや、腰やお腹が重いような鈍痛を中期から後期まで感じる人もいます。
その他、チクチク刺すような痛みやキューっと締め付けられるような痛み、引っ張られるような痛みなどいろいろです。
初期の頃で早い人は、着床時から下腹部痛を感じる人もいます。
着床時に感じる痛みは着床痛と言われ心配のない痛みです。
特に妊娠中に経験する痛みとしては、お腹の張りの痛みです。
キューンと締め付けられるようなお腹の張りを感じますが、少し経つと和らいできます。
お腹が大きくなると、この張る状態時はお腹も硬くなっているのがわかります。
妊娠するとホルモンバランスも変わりますし、お腹も少しずつ大きくなリます。
個人差はありますが、何かしらの痛みを経験している妊婦さんは多いです。

スポンサーリンク

家事や仕事など、日常生活を今までどおりに過ごしても気にならなかったことが急に気になります。
特に、妊娠初期は流産や安定期に入るまでの不安などもあり、落ち着かない頃でもあります。
くしゃみをしただけでも腹痛や下腹部痛を感じることがあります。
くしゃみをするとお腹に力が入るので、このような痛みを感じます。
くしゃみ以外でも、咳をしたり鼻をかむなどでも同様な張りや痛みを感じます。
このようにお腹に力が入る行動があれば、痛みや張りを感じます。
しかし、少しすると治まるのであまり気にすることはありません。
日常生活を過ごしつつ、このような痛みや張りが治まらないようでしたら注意が必要です。
流産や早産の兆候の場合もあるからです。
心配な時は、体を横にし楽な姿勢で安静にしている必要があります。
それでも心配なようなら早期に受診することで安心できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加