妊娠初期 花粉症 くしゃみ

妊娠初期の花粉症でくしゃみがでる

スポンサーリンク

妊娠初期ではホルモンのバランスが崩れてしまい、花粉症の症状が悪化する事が多いです。
また、今までなんともなかったのが、妊娠初期で花粉症を発症する事もあるので、妊娠がわかったら気をつける事が大事です。
熱がなくしゃみや目のかゆみがでたら、まず花粉症を疑ってみることです。
また妊娠初期から妊婦さんは妊婦健診が定期的にあるので、検診の時に花粉症の症状を診てもらうこともできます。
そして必要であれば、弱い薬や妊娠でも大丈夫なお薬を処方してもらう事ができます。
また他の病院で花粉症の症状で診てもらって処方してもらう事も可能ですが、危険回避を含めて、産婦人科医の指導のもと処方して下さいといわれる場合もあるので、産婦人科医から処方してもらったほうが間違いないです。
そしてお薬だけではなく、食生活の改善や外出の際の方法で改善する事ができます。

スポンサーリンク

まず食生活では、まずたばこやお酒はだめです。
そして妊娠初期には特に体を冷やすものもだめです。
そしてハーブティーや善玉菌を増やしてくれるヨーグルトも効果的です。
そして三食しっかりとバランスのいいものを食べることが大事です。
また生活面において、疲れたら、その都度可能な限り、休息をとることです。
そして睡眠時間をたっぷり取ることでいろいろな病気から守る事ができます。
妊娠中はお薬が飲めない薬もあるので、回避するためにも日頃から予防にとつめます。
そした。
花粉が多い場合は外出を控えます。
また花粉が舞い上がる前の午前中や雨の日であれば、比較的花粉の量も少ないので、お勧めです。
またつばのある帽子をかぶったり、マスクやコートなどで、肌を出さないことで効果が期待できます。
また外出後は家に入る前に花粉をしっかり落とすことで家に花粉を持ち帰る事を防ぐ事ができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加