新生児 風邪 くしゃみ 原因

新生児における風邪やくしゃみの原因

スポンサーリンク

新生児のお世話で必ずくしゃみをします。
これは普通の事です。
風邪を引いてくしゃみをする事もあれば、冷たい空気を吸うことだけでも、急性の鼻炎になる事があります。
くしゃみの原因もありますので、普段から鼻水を鼻水取り器で吸ったりすることで改善されます。
また空気中にある最近やウイルスを鼻からすいます。
そのさいにくしゃみや鼻がかゆくなります。
新生児には抗体がないので、吸い込むとくしゃみがでます。
しかし口や鼻から吸っていくと体内で自然の浄化する力があるので、大丈夫です。
鼻毛や鼻の中の粘膜で浄化してくれます。
また冷たい空気も体内で適した温度にしてくれます。
もし新生児の場合はお母さんからの免疫力が備わっているので、大丈夫です。
しかし、少しずつ減ってくるので、6が月頃に風邪を引いてしまうかもしれませんので注意です。

スポンサーリンク

もし免疫力が低下していくと体内の浄化する力も減ってきます。
その結果、風邪を引き起こしやすいです。
日頃から規則正しい生活をして、栄養を摂ることが大事です。
もし母乳で育てている場合は、必ずお母さんの食事にも気をつける必要があります。
そして睡眠を十分にしたり、風邪やインフルエンザの時期ではなるべく人ごみにいかない事も大事です。
もし風邪を引いてしまってお薬を処方されてしまっても、なかなか治らない場合は、アレルギー性鼻炎の可能性もあります。
なので、対処方法として普段から部屋の中の掃除をこまめにしておくとアレルギーの原因であるホコリやダニを防いでくれます、また適度にお部屋の換気をしたり、加湿器を使って雑菌の繁殖を防いでくれます。
ミルクやあっぱいの飲みが悪い場合は鼻づまりの原因もあるので、鼻水を取ってみると改善されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加