新生児 くしゃみ 連発 原因

新生児がくしゃみを連発する原因と対処法

スポンサーリンク

新生児のくしゃみの主な原因は、風邪とアレルギーです。
風邪をひくとくしゃみをする理由は、風邪のウイルスや細菌が鼻に侵入してくるのを防ぐためです。
大人の場合は鼻毛がバリアの役割を果たすので、ある程度はウイルスや細菌の侵入を防ぐことができます。
しかし、新生児の場合はバリアとなる鼻毛が少ないので、ウイルスや細菌が侵入しやすい状態にあります。
そのため、ウイルスや細菌を体の外に出すための防御反応として、くしゃみを連発しやすい傾向があります。
風邪が原因である場合は、咳・鼻水・鼻詰まり・発熱などの他の症状も同時に現れます。
また、風邪の場合の鼻水は、緑色や黄色で粘度の高いという特徴があります。
また、風邪の場合はひき始めの間だけ出ることが多いので、大抵は短期間で治まります。
以上の条件に当てはまる場合は、風邪が原因である可能性が高いです。

スポンサーリンク

新生児は大人よりもアレルギー反応を起こしやすく、鼻の粘膜が敏感なので、くしゃみを連発しやすい傾向があります。
アレルギー反応を起こす原因をアレルゲンといいますが、アレルゲンは無数にあるのでアレルギーの種類もたくさんあります。
その中でも代表的なアレルゲンは、犬や猫などの動物の毛・唾液、ダニやホコリなどのハウスダスト、スギ・カモガヤ・シラカバの花粉などです。
アレルギーが原因の場合の特徴は、連発で出だすとなかなか収まらないことです。
特に、朝方や寝る前の方が日中よりも激しく出る傾向があります。
また、鼻水は水っぽくサラサラで大量の鼻水が止まらなくなったり、目やにが溜まりやすいなどの特徴があります。
新生児がくしゃみを連発する時の対処法として有効なのは、加湿とこまめに掃除をすることです。
加湿をするとウイルスや細菌が繁殖しにくくなるので、風邪の予防につながります。
また、こまめに掃除をすればホコリなどのアレルゲンを減らすことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加