赤ちゃん くしゃみ 多い 理由

赤ちゃんがくしゃみの多い理由とその対処法について

スポンサーリンク

赤ちゃんは、大人に比べてくしゃみが多いのが特徴です。
その理由は、鼻の粘膜が敏感だからです。
お母さんのお腹から出てきてまだ日が経っていない為、鼻呼吸に慣れていません。
鼻呼吸は、体内に冷気が入らないように鼻を通過している間に適温に変化させようとします。
しかし赤ちゃんの場合、まだ鼻の機能が未熟な為空気がちょっと冷たかったりするとくしゃみが出てしまいます。
また鼻毛がないのももう一つの理由です。
鼻毛は、余計なウイルスやほこりが体内に入らないようにします。
しかし鼻毛がないと、ほこりなどがそのまま入ってしまい粘膜に直接刺激を与えます。
この2つが赤ちゃんがよくくしゃみをする理由です。
またこの理由以外にも、本当に部屋が寒すぎるといった場合や風邪をひいているといった場合やアレルギーも考えられるので、体調はしっかり見て確認してあげることが大切です。

スポンサーリンク

赤ちゃんのくしゃみの対処法は、まずはほこりを減らす事です。
つまりしっかり掃除をする事が大切です。
特に寝てばかりいる赤ちゃんは、布団や床のホコリにとても敏感です。
掃除機などでしっかり吸い取ってあげる事が大切です。
また掃除機をかける時は、排気がかからないように注意する必要があります。
他の対処法は、加湿をする事です。
空気が乾燥していると、ウイルスや細菌が繁殖しやすくなります。
加湿は、加湿器を使ったり洗濯物や濡れタオルを部屋にかけるなどして対処できます。
特に冬は乾燥しやすいので、部屋の湿度には注意を払うことが大切です。
またアレルギーが理由といった場合は、くしゃみ以外にも鼻水や目やにが出ます。
鼻水は水ぽく、目やにも貯まりやすくなります。
このような症状が出た場合は、病院で血液検査を行いアレルギーの原因をつきとめる事が重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加