くしゃみ 回数 多い

くしゃみの回数は多いと危険です対処方法もあります

スポンサーリンク

くしゃみは数回起こる痙攣的な呼気をし、そのあと強い呼気をすることを言います。
不随意運動で、自力で抑制することはできません。
基本的に鼻腔などの上気道にほこりやウイルスが付着し、体外に排出しようとする反射的な反応です。
原因としては、物理的な刺激や刺激物質の吸引、アレルギー反応があります。
激しい光で発生することもあります。
くしゃみは上半身の筋肉を激しく運動させ、息が乱れ呼吸が阻害されます。
そのため、体力を著しく消耗します。
口の中の唾液を吸い込んで咳すると、肋骨を損傷してしまう可能性もあるため、早急に病院で診てもらいましょう。
通年制アレルギー性鼻炎は、くしゃみの回数が多いほど1日の発作回数が多いと言われています。
くしゃみをするときに目をつぶると、体のコントロールがきかなくなり、腕の筋肉の収縮や硬直が起きます。
自動車の運転や熱い飲み物が入ったコップなどを持っていときなどは危険です。

スポンサーリンク

くしゃみは思いっきりしたいですが、出したくても出せない時があります。
簡単に止める方法があります。
簡単に止める方法は3つあります。
一つは、鼻の下を強く抑えることです。
人差し指と薬指を当て、強く押します。
そうすると神経の伝達をストップすることができます。
この方法はテレビでも取り上げられていて、有効的な方法です。
二つ目は、小鼻のわきにある迎香と呼ばれるツボを押すことです。
鼻の色々な症状を抑えてくれてます。
また、鼻を挟むように両側から静かに押すと鼻の通りがよくなります。
鼻づまりがひどいときにお勧めです。
三つ目は、鼻から一気に空気を吸い込む方法です。
鼻から一気に空気を吸い、深呼吸をするようなイメージでします。
息が吸えないくらい吸ったら、さらに少しだけ吸います。
体内の中に異物を取り込んで、鼻のムズムズを取り除く方法です。
荒治療なのでいざって時に試してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加